女性にとって一大事である妊娠と出産。
体への負担も大きい分、産後の母体のケアは大変重要です。

ケアが必要な箇所は数多くありますが、中でも骨盤のケアが重要なことをご存じでしょうか。
妊娠、出産は骨盤にも大きな変化を及ぼすのです。そこで今回は、産前、産後での骨盤の変化について解説します。

□妊娠、出産は骨盤の「ゆがみ」をもたらす
妊娠や出産は骨盤のゆがみを引き起こします。
骨盤がゆがむというのは一体どういう状態なのでしょうか。
骨盤のゆがみと聞くと、骨盤の形そのものが変化すると想像する方も多いでしょう。
しかし、実際には骨盤の形自体は変化しないのです。
ここでいう「骨盤がゆがんでいる」というのは、骨盤全体が前後左右に傾く、また回転してねじれが発生しているという状態を指します。

□なぜ骨盤はゆがんでしまうのか
通常、強靱な人体や筋肉で補強されている骨盤は、ちょっとやそっとのことではずれません。
ではなぜ、妊娠、出産によって骨盤はゆがんでしまうのでしょうか。
その原因は、「姿勢の悪さ」と「筋力の弱さ」にあります。
妊婦さんの姿勢は、おなかが大きくなるにつれ骨盤が前に傾く、「反り腰」の姿勢になります。
この姿勢は腰に大きな負担をかけるため腰痛の原因となる上に、大臀筋に力が入りにくい状態になってしまいます。
また、産後の授乳を猫背で行うため、骨盤が更にゆがんでしまうケースもあります。
また、妊娠中の「横座り」も骨盤がゆがむ大きな原因となります。
股関節がねじれた状態のまま、体の片側にだけ体重がかかる横座りは骨盤のゆがみの原因となります。

□骨盤の「ゆるみ」にもご用心
妊娠中、出産をスムーズにするために骨盤の靱帯や関節を緩める働きをもつ「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
靱帯や関節が緩くなっているということはすなわち、通常であれば骨盤のゆがみなど生じない姿勢であっても、骨盤のゆがみが発生してしまうということです。
ですので妊娠中は、姿勢に関して普段よりも厳重な注意が必要なのです。
この「リラキシン」の影響は産後数ヶ月に及んで続くため、出産後も要警戒です。

ご覧の通り、妊娠による姿勢の変化や、産後の生活環境、また、分泌されるホルモンの影響で骨盤の状態は大きく変化します。
普段の何気ない姿勢が原因でゆがんでしまうケースも多く発生しています。
これらの知識を予め身につけ、ゆがみのない骨盤を維持できるよう、細心の注意を払って生活しましょう。

 




ビューティープラスのご予約はこちら

 


 

〒108-0072
港区白金1-15-19 LUZ白金102 白金高輪駅4番出口より徒歩3分

ビューティープラスの公式SNS

       
The following two tabs change content below.
美容整体サロンbeauty-plus

美容整体サロンbeauty-plus

美容整体で 意識しない美しさを育てる。 ビューティープラスの施術は、他のサロンのように気になる部分だけの施術はしません!体は全てつながっているので、部分的な施術のみをしたところで根本的な改善にはならないと考えているからです。ビューティープラスではまずは、働きの悪い腸や内臓を整え、足から顔まで全身整えていきます。 そうすることで、全身の血流やリンパの流れが良くなり治癒力・免疫力が高まり悪かったところが、良かった頃の状態に戻っていきます。外見の美しさだけではなく、身体の中から健康的に美しく生まれ変わります。