みなさんこんにちは。妊娠に伴う身体の不調で特につらいのが腰痛です。腰痛は妊娠中期から後期にかけて深刻になり、ひどい場合は横になっていてもピキピキッとする痛みに悩まされます。これらの原因には「骨盤のゆるみ」が関係していると考えられます。骨盤のゆるみは出産時に様々な影響を及ぼします。

そこで今回は、妊娠において骨盤が果たす役割と妊娠中に腰痛が引き起こされるワケ、骨盤ケアの大切さについてお話ししたいと思います。

■骨盤の役割

妊娠において骨盤は非常に重要な役割を果たしています。まず妊娠にとって骨盤の大きな役割は「赤ちゃんを守る」ことです。その他に、骨盤は上半身を支え股関節と共に歩行をサポートします。座るときには、骨盤にある坐骨という骨が支点となり身体を支えてくれています。また、骨盤の中には泌尿器や大腸、至急、卵巣などの内臓や生殖器があり、骨盤はこれらを保護し下から支える役割を担っています。

■なぜ腰痛になる?

妊娠をすると、卵巣から関節や靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは出産時に骨盤を開きやすくさせ赤ちゃんをスムーズに生み出すためです。このホルモンの分泌量は妊娠中期ごろから次第に増えていきます。

お腹が大きくなる妊娠後期には、関節や靭帯が緩み骨盤が開きやすくなっている状態のため、身体の重心や姿勢が歪み、腰痛が引き起こされるのです。中には寝返りが打てないほど痛みがひどい方もいらっしゃいます。放って置くと坐骨神経痛に繋がりますので、しっかりと妊娠中の骨盤ケアを行っておきましょう。

■妊娠中の骨盤ケアの大切さ

これまで骨盤の役割と骨盤と腰痛の関係についてお話ししましたが、ではなぜ妊娠中に骨盤ケアが必要なのかについて説明いたします。

実は骨盤の環境やお腹の位置関係によって切迫早産になるケースがあります。切迫早産とは簡単に言うと早産になりそうな状態を指します。これは赤ちゃんの命に関わることです。実際に過去に切迫早産になりかけていたかたが骨盤ケアをすることで防ぐことができたケースがあります。また骨盤ケアを妊娠中からしておくことで、産後に負担がかかりにくいです。骨盤底筋のゆるみによる尿漏れを防ぐこともできます。

■まとめ

以上、骨盤の役割と妊娠時に起きる腰痛の原因、そして骨盤ケアの大切さについてお話しいたしました。当院では妊娠中の方のための施術メニューをご用意しておりますので、ご検討の際は是非当院へ一度ご相談くださいませ。

 




ビューティープラスのご予約はこちら

 


 

〒108-0072
港区白金1-15-19 LUZ白金102 白金高輪駅4番出口より徒歩3分

ビューティープラスの公式SNS

       
The following two tabs change content below.

美容整体サロンbeauty-plus

美容整体で 意識しない美しさを育てる。 ビューティープラスの施術は、他のサロンのように気になる部分だけの施術はしません!体は全てつながっているので、部分的な施術のみをしたところで根本的な改善にはならないと考えているからです。ビューティープラスではまずは、働きの悪い腸や内臓を整え、足から顔まで全身整えていきます。 そうすることで、全身の血流やリンパの流れが良くなり治癒力・免疫力が高まり悪かったところが、良かった頃の状態に戻っていきます。外見の美しさだけではなく、身体の中から健康的に美しく生まれ変わります。