ご出産おめでとうございます。
生まれたての赤ちゃんは、驚くほど小さくて可愛いものですよね。

しかし、そんな喜びと裏腹に待ち構えているのが骨盤の広がりです。
出産時に大きく開いた骨盤を矯正するのに苦労している方も多いことでしょう。
そもそも、産後の骨盤の広がりが、スタイルを悪くしてしまう以外にどういった影響を及ぼすのか、あまり知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、産前産後の骨盤の広がりはどういった影響を及ぼすのかについてご紹介していきます。

骨盤が開くってどういうこと?
妊娠すると骨盤が開くというのはよく耳にしますよね。
実は、骨盤というのは、妊娠しているかどうかに関わらず、「朝に閉じ、夜に開く」というように、毎日開閉を繰り返しています。
しかし、妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌され、骨盤周りの筋肉や靱帯が緩みやすくなり、通常よりも骨盤が開きやすい状態となるのです。

 

骨盤が開くと太りやすくなる?
一度骨盤が開いてしまうと、骨盤周りの筋肉や靭帯も伸びきってしまうので、完璧に元の状態へ戻すことは難しくなります。
そもそも、骨盤は上半身と下半身をバランス良く繋げる身体の基盤となる骨です。
骨盤が広がって歪んでしまうことで上半身や下半身も歪み、またその影響で骨盤が歪み…と悪循環が生まれてしまいます。
このように、骨盤が歪んでいくと、骨盤の上にあるはずの内臓が落ち込んで、代謝機能が正常に働かなくなります
そうなると、代謝が落ちる訳ですから太りやすくなってしまい、産後太りがますます加速するのです。
さらに、骨盤が歪んでしまうことで骨盤まわりに余計な皮下脂肪を蓄えてしまうため、下半身太りやO脚も起こりやすくなります。

他にもたくさんの悪影響が!
骨盤の広がりを放置させておくと、肩こりや腰痛、むくみ、冷え性、不妊になりやすくなります。
意外に思われるかもしれませんが、骨盤は上半身を支えたり、生殖器や内臓を守ったりと様々な役割を担っています
そのため、その骨盤が出産のせいで広がり、歪んでしまうことで様々な悪影響を及ぼすことは当然です。

いかがでしたか。
産後の骨盤の広がりは、スタイルが悪くなる以外にも様々な方面で悪影響を及ぼします。
現在、実際に産後の骨盤矯正にかなり苦労している方も多くいらっしゃるでしょう。
事実、産後の骨盤の広がりを放置すると、ますます症状が酷くなっていきます。
次回は、どのように骨盤矯正をすれば良いかについてご紹介します。
お楽しみに。

 




ビューティープラスのご予約はこちら

 


 

〒108-0072
港区白金1-15-19 LUZ白金102 白金高輪駅4番出口より徒歩3分

ビューティープラスの公式SNS

       
The following two tabs change content below.

美容整体サロンbeauty-plus

美容整体で 意識しない美しさを育てる。 ビューティープラスの施術は、他のサロンのように気になる部分だけの施術はしません!体は全てつながっているので、部分的な施術のみをしたところで根本的な改善にはならないと考えているからです。ビューティープラスではまずは、働きの悪い腸や内臓を整え、足から顔まで全身整えていきます。 そうすることで、全身の血流やリンパの流れが良くなり治癒力・免疫力が高まり悪かったところが、良かった頃の状態に戻っていきます。外見の美しさだけではなく、身体の中から健康的に美しく生まれ変わります。