足のしびれと腰痛の関係について整体院が解説

Blog BEAUTY+PLUS

足のしびれと腰痛の関係について整体院が解説

腰痛で整体に通院している人は多く、中には足のしびれを感じてる人もいます。腰痛と足のしびれは関係していることがあり、例えば腰椎椎間板ヘルニアになっている可能性があります。

この病気は20〜40歳代男性に多く見られる症状で、腰痛と一緒に足の痛みやしびれなどを伴うことが多いです。腰椎椎間板ヘルニアという病気に関して、まず椎間板は脊椎を構成する椎体と呼ばれている骨の間にあり、骨同士がこすれ合わないようクッションのような役目を行っています。

椎間板が変性すると潰れたり、一部分が突き出たりその位置から飛び出すことによって神経を圧迫することのある病気です。

この病気にかかりやすいタイプとして、腰部に負担がかかりやすい職業をしていたり、運搬業や職業ドライバーなどがあげられます。

喫煙や肥満なども関係していて、身体に負担をかけている人が多いです。遺伝的要因などもあげられますが、多くは仕事や生活習慣などが関係していると言えるでしょう。

病気の進行と症状に関して、通常突然の腰痛になったりお尻の片側から足において痛みやしびれなどを感じることが多いです。

人によっては歩行障害が起こり、数日間安静にしていると次第に改善し動けることもあります。お尻から足において痛みやしびれなど残り、うまく歩けないこともあるでしょう。

このような症状が長く続いたり筋力の低下を感じたり、排尿障害を感じるようなら医師に相談することがおすすめします。

問診や病歴などを聞き取ったり、MRIなどを使って診断することが可能です。脊髄造影や造影CTなどを利用することがあり、筋電図といった補助検査を行うケースもあります。

まず保存療法として消炎鎮痛剤といった内服薬を使ったり、湿布や塗り薬を投与することで様子を見ていきます。

コルセットや理学療法などを追加することもあり、痛みが改善できない場合局所麻酔剤を注射したり神経根ブロックなどを選択することが可能です。

生活上支障が大きかったり、筋力の低下や排尿障害などがある場合、手術療法になるでしょう。

いずれも短期間入院で済み、術後リハビリを行いながら普段の生活に戻すことが可能です。

手術する必要がなかったり保存療法を望むのであれば、整体を利用することをおすすめします。

体の歪みなどを整えることによってある程度症状を改善することができたり、マッサージや筋力を付けることによって症状を緩和することが可能です。

酷い状態になる前に適度に運動したり体の歪みを整えることによって、腰椎椎間板ヘルニアなどを予防することができます。

 

[information information=””]

top