産後の骨盤って産前とどう違うの?整体院が解説

Blog BEAUTY+PLUS

産後の骨盤って産前とどう違うの?整体院が解説

「産後は骨盤矯正をするといい」
妊婦さんなら一度は聞いたことがある話なのではないでしょうか。
しかし実際出産前後での骨盤の変化はなかなか自分ではわかりにくいですし、そもそも変化しているのか疑問に感じている方も多いと思います。

□産後の状態

妊娠するとホルモンの影響によって関節がやわらかくなり、骨盤が徐々に開いていきます。
出産のときに最大になり、産後に自然と元に戻ろうとします。
しかし赤ちゃんの世話などで姿勢が悪い状態で過ごしてしまうと元に戻らずバランスが崩れた状態で固定されてしまいます。
さらにゆがみによって妊娠前後で筋肉の使われ方が変化することがあります。
この変化により筋力が低下して脂肪の燃焼がされにくくなったり、太りやすくなったり、身体の形が崩れてしまいやすくなります。
他にも腰痛や冷え性、肩こりなどの症状も引き起こします。

□矯正方法

産後3か月ごろまでは自然に体が妊娠前の状態に戻ろうとする時期だといわれていますが、6か月を超えると体重や体型が定まってしまい、なかなか変化させることは難しいです。
したがってなるべくはやめにはじめることで効果を感じやすくなります。

*道具を使用した矯正

専用のベルトを使用する方法です。
早い段階でつける方が多いです。
ベルトをまくことで緩んで開いた状態を安定させます。
手軽にできるため育児で忙しい方にもおすすめです。

*整体やマッサージ

産後1か月検診受診後、身体に問題がないことを確認してから受けることをおすすめします。
知識があるプロによる施術であるため、正しく一番効果的な方法で矯正しやすいです。
矯正には何回か施術が必要であるため、定期的に通うことをおすすめします。

*ヨガ

通常のヨガに産後の女性の身体の状態に合わせたプログラムが設定されています。
開いた骨盤を整えたり背中の筋肉を伸ばしたりして体調を整えます。
呼吸を意識しながら行うのでリラックス効果を得ることもできます。

*骨盤体操

自宅で簡単にできるものが多いのでぜひ試してみましょう。

・腰を回す
足を肩幅に開いて腰に手を置き、左右に10回ずつ大きく腰を回します。
前後に身体が傾いている方には特に効果があります。

・寝ながら膝を上げる
仰向けになって息を吐きつつ、片方の膝を曲げて胸に引き寄せます。
そして息を吸いながら膝を伸ばして元に戻し反対側も行います。
左右のバランスを整える効果を期待できます。

□おわりに

いずれの矯正方法も短時間で行って効果を得ることは難しいため、継続することが大切です。
しかし子どもの世話など妊娠後は忙しい方が多いですので、無理のない程度に行うようにしましょう。
ストレスなく継続することが綺麗な身体への一番の近道だといえるでしょう。

 

[information information=””]

top